image
とうとう、40まで後少しな歳になりましたが、遊びのスタンスは相変わらずそのままで、いつ死んでも後悔しない生き方を歩んでいきます。