晴れ間に見えた虹の下をこれ聴きながら通ると格別。

そういうシチュエーションもある夏の雨は、自然も心も潤い、生きている慶びを味わえる。