なんでもいいから、他のライバルより一歩先に出て行け!100歩先を進まなくてもいい。

そのためには、努力を怠るな。

これは、先日4月16日事故でなくなった友人の言葉。

交通事故にて33歳の生涯でした。

とても自分のことをかわいがってくれた兄貴でした。仕事がおわってから、その友人が経営しているお店で300円でバイトしてたけど、全然苦にならなかった。その人の心意気に尊敬してついていってたんだと、今しみじみと感じています。

しばらく会ってなかったし、子供にも会わせたかったのに、、、

たぶん会ってたら、「ホント、シムケンにそっくりやね!」って、笑顔でいわれているのが頭の中で浮かんできて、とてもつらい。

いい顔してましたね、棺のなかに入っていた最後も。洋平さんらしかったです。

またあちらでも、気兼ねなしに二人で一服しましょう。そのときは、昔みたいにガッツリと逝ってください。あのころの、とても楽しかったように。二人でのんびり話しましょう。

Thanx,Mr-Youhei Toi.